月山のある町 西川町

文字サイズ 小|中|大
サイトマップ ご意見・ご提言  背景 白|黒
ホーム > 町議会 > 議長あいさつ
西川町議会

議会の概要
議長あいさつ
議長の写真
議長 伊藤哲治
平成27年5月8日就任
「住んでいたいまちづくり」を
 

 町民の皆さまにおかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと
お慶び申しあげます。

 平成30年は、異常気象の影響等で稲作の収穫量が極端に減少した
り、山菜きのこ等の収量が落ち込んだりと大変な年でしたが、西川
町では人命にかかわるような豪雨や地震等の大きな災害もなく、改
めて安全、安心な町であることを実感しました。その反面、急激な
過疎化や少子高齢化に伴い人口減少が進み、町全体の高揚感や活力
が薄くなっている現状を前にして、議会は町民の皆さま一人ひとり
に寄り添ったきめ細かな動きができる体制にしていくことが大切だ
と感じたところであります。

 今、県内はもとより全国で議員のなり手不足が問題になっていま
す。西川町議会としては、平成29年に議会活性化議員懇談会を立ち
上げ、政治への無関心、なり手不足、議員報酬の見直し、選挙活動
のあり方など多岐にわたり幾度となく議論を重ねてきました。しか
し妙案はなく、中学生の模擬議会の開催や、町民との対話の集いの
充実、議員手当の創設の検討など、議員は町全体の奉仕者であるこ
とを意識し、さらなる資質の向上と、町民への説明責任を果たすこ
とが、最も大事なことと認識したところです。

 第6次西川町総合計画も5年が経過し、今後5年間の計画見直し
を行なっています。少子高齢化や雪対策など西川町が抱える課題を
しっかりと見据え、計画に基づいた各種の事業が確実に実行される
よう、行政側への提言も含めた議会活動を重ねていきます。

 今年は平成の時代に終わりを告げ、新しい元号の下で未来へと舵
を取る節目の年です。自助、共助、公助で互いに協力し、健やかに
安心して暮らせる「住んでみたい」、「住んでいたい」、「住んで
良かった」と言える町を目指し、議会全体で危機感を持って誠心誠
意活動をしていきますので、町民の皆さまのご理解とご協力を心か
らお願い申し上げ、新しい年にあたってのごあいさつとさせていた
だきます。


この記事に関するお問い合わせ先
西川町議会事務局議事係
TEL:0237-74-5055 FAX:0237-74-2601