月山のある町 西川町
文字サイズ 小|中|大
サイトマップ  背景 白|黒
サイト内検索
ホーム > 町民の方へ > 税金・国保・後期 > 交通事故などに遭い診療を受けるとき(第三者行為)
町民の方へ
税金・国保・後期
国民健康保険
交通事故などに遭い診療を受けるとき(第三者行為)
◆第三者行為
 交通事故や暴力行為、他人のペットによるケガなど、他人の行為(第三者行為)が原因で負傷した時の治療費は、加害者が負担すべきものであり原則保険証は使用できません。

 ただし、加害者からの支払いが遅れる場合などは届け出ることによって西川町国民健康保険(国保)で治療が受けられる場合があります。この場合、窓口負担分を除いた医療費を国保が医療機関に支払いますが、これはあくまでも国保で一時的に立て替えをするもので、後日、加害者に請求することになります。

 第三者行為で保険証を使用する場合は、法律により世帯主の届け出が義務付けられています。必ず届出をしてください。

 また、自損事故は第三者行為になりませんが、保険証を使う場合には事故の内容を確認するため届出をしてください。
◆届出に必要なもの
●被保険者証
●印鑑(朱肉を使うもの)
●第三者行為による被害届(様式第2)…様式のダウンロードはこちらワードファイル(51KB)
●交通事故証明書(様式第3)…原則原本を提出すること。やむを得ず写しを提出する場合は、原本の所在を明らかにすること。
●人身事故証明書入手不能理由書(様式第20)…交通事故証明書が「物損事故」の場合提出すること。様式のダウンロードはこちらワードファイル(81KB)
●事故発生状況報告書(様式第4)…様式のダウンロードはこちらワードファイル(351KB)
●念書(様式第6)…様式のダウンロードはこちらワードファイル(35KB)
●誓約書(様式第7 第三者(加害者)から提出を求める書類)…様式のダウンロードはこちらワードファイル(33KB)
詳しくはお問い合わせください。
◆届出先
西川町役場総合窓口
◆示談は慎重に
 国保が負担した医療費は、被害者に代わり国保が加害者に請求します。

 国保に届出・相談の前に、加害者と被害者の話し合いがついて、示談を結んでしまうと、加害者に医療費を請求できなくなる場合がありますので、保険証を使用する場合は、必ず示談の前にご相談ください。
◆次の場合は保険証を使うことはできません
1.加害者からすでに治療費を受け取っている場合
2.業務上や通勤災害によるケガの場合(労働災害保険の対象となります)
3.飲酒運転、無免許運転などによるケガの場合
4.けんか、闘争によるケガ、疾病等
5.事故の故意の犯罪行為によるケガ、疾病等

この記事に関するお問い合わせ先
西川町町民税務課保険給付係
TEL:0237-74-4406 FAX:0237-74-4866