月山のある町 西川町

文字サイズ 小|中|大
サイトマップ ご意見・ご提言 各課ご案内  背景 白|黒
MENU
ホーム > 町民の方へ > 税金・国保・後期 > 新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金について
町民の方へ
税金・国保・後期
国民健康保険
新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金について

 西川町国民健康保険では、新型コロナウイルス感染症対策として、感染拡大をできる限り防止する観点から、労働者が感染した場合(発熱等の症状があり感染が疑われる場合を含む。)に休みやすい環境を整備するため、被保険者へ傷病手当金の支給を行うこととしました。
 詳細については下記の通りです。
 なお、申請書類には、被保険者記入部分の他、事業主の証明、医療機関の証明記入部分もありますので、ご留意ください。


【 対象者 】
支給対象となる期間において西川町国民健康保険の被保険者であり、給与等の支払いを受けている被用者のうち、新型コロナウイルス感染症に感染したもの、又は発熱等の症状があり感染が疑われるもの。
【 支給対象となる日数 】
労務に服することができなくなった日から起算して、3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち就労を予定していた日。
※「労務に服することができなくなった日から起算して、3日を経過した日」は、3日間連続する待期期間である必要があり、3日間連続せずに途中で就労した場合、待期期間は成立しません。
【 支給額 】
1日当たりの支給額(直近の継続した3ヵ月間の給与収入の合計額 ÷ 就労日数)×( 2 / 3 )× 支給対象となる日数
※1日当たりの支給額について、標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額の1 / 30に相当する金額の2 / 3に相当する金額(令和2年3月現在、日額30,887円)を超えるときは、その金額となります。
※事業所から、該当期間において休業手当等の手当を受けた場合は、上記支給額との差額が支給されることとなり、傷病手当金を超える手当が支給された場合は、支給額は0円となります。
【 適用期間 】
令和2年1月1日~令和3年3月31日の間で療養のため労務に服することができない期間(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6月まで)。
【 申請書類 】
傷病手当金支給申請書(様式第32号)PDFファイル(189KB)

この記事に関するお問い合わせ先
西川町町民税務課保険給付係
TEL:0237-74-4406 FAX:0237-74-4866