月山のある町 西川町

文字サイズ 小|中|大
サイトマップ ご意見・ご提言 各課ご案内  背景 白|黒
ホーム > 西川中学校 > 西川中学校 部活動ガイドライン
西川中学校

西川中学校 部活動ガイドライン

西川町立西川中学校部活動方針


西川町立西川中学校運動 部活動 方針 は、 「運動部活動のあり方に 関する総合的なガイドライン」 (平成30年3月 スポーツ庁策定)【以下、国のガイドライン】 、 「 山形県における運動部活動のあり方に関する方針 中学校特別支援学校中等部編」 (平成30年12月 山形県教育委員会策定) 【以下、「県のガイドライン」】 、 「西川町における 運動部活動のあり方に関する 方針 中学校編」 (平 成31年1月 西川町教育委員会策定) 【 以下、「西川町の方針」】 および、 「文化部活動のあり方に関する総合的なガイドライン 」 (平成30年12月 文化庁策定)【以下、国の文化部に関するガイドライン】 に則り、望ましい スポーツ・文化芸術の環境を構築するという観点に立ち、 西川町立西川中学校の 部活動が最適な形で実施できることを目的 として 策定するものとする 。


1 西川中学校 運動 部活動 基本方針
(1) 知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を育む「日本型学校教育」の意義を踏まえて、西川中生が スポーツ・文化芸術活動を楽しむことで、生涯にわたって心身の健康を保持増進し、豊かなスポーツライフ、文化芸術活動を実現するための資質・能力の育成を図るとともに、バランスの取れた心身の成長と学校生活を送ることができるようにする。
(2) 共通の興味や関心を持つ異学年の生徒同士が集団で練習や試合等に取り組むことで、生徒個々に社会生活の基本的な資質(ルール・マナー)を育成する。また技能の習得や責任ある行動を通して、健全なる心身の発達と個性の伸長をはかる。
(3) 西川中生の自主的、自発的な参加により行われ、学校教育の一環として教育課程との関連を図り、合理的かつ効率的・効果的に取り組む。
(4) 西川中学校全体として「教職員の働き方改革」を鑑み、部活動の指導・運営の工夫を行い、持続可能な運営体制を構築する。
(5) 西川中学校と地域が部活動について協働・融合して取り組む体制を構築し、円滑に活動できるように検討していく。


2  部活動の休養日及び活動時間について
(1) 休養日
ア 平 日:1日以上
※原則、諸会議が行われる月曜日を休養日とし、定時退校日とする。
※上記以外に1カ月のうちに1日休養日を設ける。
イ 週休日:1日以上。(原則日曜日とする)
※ただし、日曜日に練習試合等があり止むを得ず活動を行う場合は、校長の承認を得て直近の土曜日を休養日とする。
※大会が土・日曜日の両日に行われる場合は、大会の状況に応じて校長の承認を得て参加を認める場合がある。
(2) 活動時間
ア 平 日:2時間程度
イ 週休日:3時間程度
※ただし、大会・練習試合・合宿等により、3時間を超えて活動する場合には、校長承認のもと当該活動日前後の平日の活動日の活動時間を短縮する等により、過度の負担とならないように留意する。
(3) 長期休業日(夏季休業【夏休み】・年末年始休業【冬休み】・学年末学年始休業【春休み】)
ア 平日の活動時間は3時間程度とする。
イ 土曜日及び日曜日は両日休養日とし、『家族と過ごす日』とする。
※ただし、大会がある場合は校長の承認を得て参加することができる。
ウ 各部活動で、ある程度連続した長期の休養期間を設ける。
エ 長期休業期間の部活動日は各休業日の日数の2分の1を超えないものとする。
(4) 西川中学校の部活動休止日
ア 夏季休業中の学校閉庁日(4日間)
イ 年末年始の休日(12月29日~1月3日)
(5) 始業前練習について
ア 禁止とする。【スクールバスは小学生も乗車するため、早めの運行ができない】
(6) その他
ア 平日の活動終了予定時刻【開始時刻は日課終了後とする】
通年18時20分までとする。【スクールバスの運行上】
イ 中体連主催(中体連に準じる団体も含む)の大会、主要コンクール(吹奏楽)の前3週間を『部活動強化期間』とし、保護者の同意のもと、30分程度の延長を認めるものとする。18時50分までとする。
【ただし、スクールバスは18時40分を最終運行とする】
ウ 部活動強化期間内で、校長の承認のもと大会や練習会等に参加し、止むを得ず土曜日・日曜日に連続して活動する場合には、その分の休養日を部活動強化期間前後に振り替える。
エ 定期テストの3日前からテスト当日までの5日間を部活動休止日とする。


3  学校管理下外の生徒の活動について
(1) 文化部も含めた部活動顧問は、部員が学校外のクラブ等に所属して活動している実態を把握する。
(2) 部活動顧問は、部活動に保護者会が設置されている場合、その目的が部活動支援・協力・応援にあることを確認し、保護者会が単独で練習会(クラブ活動)を主催したりすることの無いよう保護者の理解と協力を得る。
(3) 運動部活動顧問は、部員が所属している学校管理下外の「地域スポーツクラブ」の活動が、学校の運動部活動と同じ内容の活動を行っている実態を把握した場合には、生徒の過度な負担とならないよう、学校の運動部活動と地域スポーツクラブの活動日・活動時間を合わせても、上記2の基準内の活動となるように、クラブ関係者、保護者の理解と協力を得られるように調整を図る。
(4) 運動部顧問は、上記に示したような「地域スポーツクラブ」への部員の加入については必ず任意とするようチーム関係者、保護者に理解と協力を得る。


4  大会参加、県外遠征、強化練習会、合宿について
(1) 部活動の教育上の意義や、生徒や部活動顧問の負担が過度とならないことを十分考慮し、参加する大会等を精査する。
(2) 県外遠征、合宿等を計画する場合は、参加許可申請書を1カ月前まで校長に提出し承認を得る。さらに西川町教育委員会に届け出る。
(3) 大会参加、県外遠征、合宿等の参加については、十分精査し、保護者会の同意を得、経済面など保護者の負担が過度とならないことを十分考慮する。
(4) 部活動強化期間を除き、大会や県外遠征等で土曜日と日曜日に連続して活動すること及び宿泊を伴う活動については、各運動部の計画により年間2回を上限とすることを基本とし年間活動計画に明示する。週休日の休養日を振替えは月計画に明示する。


5  年間計画及び活動実績について
(1) 校長は、本校部活動方針を毎年度策定し、学校ホームページに掲載する。
(2) 部活動顧問は、年度当初に年間活動計画(活動日、休養日、大会参加予定等)を作成し、校長に提出する。(5月中旬まで)
(3) 部活動顧問は、毎月の活動計画(前月の20日までに作成)と活動実績(翌月の5日までに作成)を校長に提出する。
(4) 部活動顧問は、毎月の活動計画(休養日が分かるもの)を校長の承認を得て生徒・保護者へ配付する。
(5) 校長は、毎月の活動計画及び活動実績で各部の活動内容・活動時間を確認し、生徒が安全かつ健康に部活動に取り組めるように指導・助言及び援助する。


6  その他
(1) 部活動運営委員会(構成員:学校医、校長・教頭・教務主任・生徒指導主事・部活動担当者・各部保護者会長・外部コーチ)を定期的に開催し、各部活動の活動状況の報告や確認を行い共通理解のもと指導改善を図る。
(2) 保護者会の運営主体、部活動・学校への支援体制及び会計責任等について、 保護者会との役割を明確にし、生徒の健全な成長のため共通理解と連携を図る。
(3) 部活動に関する活動費の取り扱いについては、適正に運用する。
(4) 保護者会費の取り扱いについては、保護者会と連携し適正に行う。
(5) 文化部の活動についても、この方針に準じるものとする。
(6) 部活動には次の部を置き、原則として全員加入とする。
(7) 学校外の組織(クラブチームや団体等)で活動する者も本校で設けている下記の
いずれかの部に所属するものとする。
野球部(男女)、ソフトボール部(女)、卓球部(男女)、剣道部(男女)
男子バレーボール部、女子バレーボール部、カヌー部(男女)
吹奏楽部(男女) 【※時期により強化部(陸上競技、駅伝)】
※2019年度以降、部活動適正数化の基準に照らし合わせ生徒数減少の様 子を鑑み、部活動数を検討していく。
(8) 入部後は原則として3年間同一部とする。しかし、諸事情により退・転部を希望
する場合は、保護者及び退・転部に関わる両顧問・担任の同意のうえ、退・転部を認める。その際は、改めて入部届けを提出する。
(9) 外部の指導者(コーチ)については、顧問からの申請により学校長が認めた者とする。任期は年度単位(1年)とし、顧問から申請をして学校長の許可を得る。
(10) スポーツ少年団が行う活動を含め、上記のように顧問とコーチ、保護者会と連携し活動する。
(11) 気象状況の急変(高温多湿、落雷、豪雨、暴風雨、暴風雪等)により健康被害や事故につながる恐れがあるときは直ちに活動を中止する。
(12) 校長は、各部活動顧問に対し、活動時の気象情報には十分留意し、下記の点について指導する。
・ 高温・多湿時において、部活動が予定されている場合については、活動の延期や見直し等、柔軟な対応を行う。なお、日程調整の関係でやむを得ず開催する場合には、WBGT(暑さ指数)等により環境温度の測定を行い、WBGT31℃以上を指している間は原則として活動中止、WBGT28℃以上の場合は、参加する生徒の適切な選別、こまめな水分・塩分の補給や休憩の取得、観戦者の軽装や着帽等、児童生徒の健康管理を徹底することとし、活動中に熱中症の疑いのある症状がみられる場合には迅速に対応する。
(13) 各部活動顧問は、生徒の心身の健康管理、事故防止及び体罰(暴力行為、人権を侵害するような言葉がけなど)・ハラスメントの根絶を徹底する。
(14) その他、本校運動部活動方針を運用する中で発生する諸問題については、その都度校務委員会等で協議し決定する。
※上記以外の事項については西川町教育委員会策定の『西川町における運動部活動の在り方に関する方針』に則って実施する。
上記方針は2019年4月9日より実施する。


策定期日:2019年4月1日


※平成30年12月に 文化庁が策定した「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」を見つけたので、文化部についても運用できるように改訂しました。


この記事に関するお問い合わせ先
西川町立西川中学校
TEL:0237-74-2317 FAX:0237-74-2596