月山のある町 西川町

文字サイズ 小|中|大
サイトマップ ご意見・ご提言 各課ご案内  背景 白|黒
MENU
ホーム > その他 > 町長あいさつ
町長の部屋
町長あいさつ
 明けましておめでとうございます。輝かしい令和4年の新春にあたりまして、町民の皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

 昨年を振り返りますと、新型コロナウイルス感染症の拡大と収束が繰り返され、経済が大きく影響を受けた一方で、PCR検査体制の拡充と着実なワクチン接種の推進により、過去最大であった第5波も収束し、コロナ克服と経済再生に向けた若干の明るい兆しが見えてきた年でありました。

 町内においては、コロナの感染予防やワクチン接種、一昨年に発生した豪雨災害の復旧工事などの事業を実施いたしました。事業の実施に際し、多大なるご理解とご協力を賜りました町民の皆様に心より感謝申し上げます。

 また、1年延期での実施となった「東京2020オリンピック」の聖火リレーとホストタウン事業につきましても、コロナ禍の難しい状況の中、関係者の中から1人の感染者も出すことなく無事に終えることができましたことは、町民の皆様のご協力によるものであり、改めまして感謝申し上げます。

 さて今年は「オミクロン株」など新たな変異株によるコロナ感染の再拡大が危惧され、その対策として3回目のワクチン接種を予定しておりますが、その効果が出てくるまでは町内の産業にとって厳しい状況が続いていくことが見込まれるため、引き続きコロナ関連の経済対策を実施してまいりたいと考えております。特に、本町にとって重要な宿泊・飲食・小売事業者の事業承継に対する支援を強化していくと共に、米価下落などで厳しい経営環境となっている農家に対する経営支援を行い、力強い町内産業の推進に努めてまいります。

 加えて、コロナ禍が続く中、地域内の交流ができなくなったことから、地域コミュニティが弱まってきていることに対し危機感を持っております。地域の振興がなければ町全体の発展にも繋がりません。住民自らが地域の将来を考えていける力や、次代のリーダーとなる人材育成が重要と捉えており、これらの取り組みを支援してまいりたいと考えております。

 さらに、少子高齢化による人口減少など、さまざまな課題への対応として、若者の住環境整備のための団地造成、働く場の確保のためのオフィス型の企業誘致、子育て支援のための保育料無償化や、子どもの遊び場・子育て世代の交流の場の創出、利便性の高い公共交通の実現、そして町民の利便性の向上や行政事務の効率化のため、デジタル技術を活用して業務変革を進める、いわゆる「自治体デジタル・トランスフォーメーション(自治体DX)」の推進など、限られた予算の中で優先順位や事業効果を考慮し、検討を進めてまいりたいと考えております。

 結びに、皆様にとりまして今年一年が幸多き年になりますことをご祈念申し上げ、さらには町政推進のためになお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、新年のあいさつといたします。

令和4年1月4日
西川町長  小川  一博