月山のある町 西川町
文字サイズ 小|中|大
サイトマップ  背景 白|黒
サイト内検索
ホーム > その他 > 町長の部屋
町長の部屋
町長の部屋

町長のあいさつ



西川町長  小川 一博    

 この度の西日本豪雨災害で被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。
 近年、局地的な大雨や、それによる川の氾濫、土砂崩れといった大きな災害が全国で発生しています。
 西川町でも5年前、これまでに経験したことがない豪雨により大きな被害を受けました。幸い人命にかかわる被害はありませんでしたが、川の氾濫や土砂崩れが多発し、道路や電線・電話などライフラインが寸断され、孤立集落も発生しました。
 また、多くの沢が崩れ、水源となる寒河江川に泥水が流れ込むことで水道水が濁り、断水も発生しました。普段は水道から当たり前のように水が出ますが、この時には水の大切さを改めて感じたところです。
 朝日連峰や月山に囲まれた西川町は豊富な水資源に恵まれ、県内6市6町の水瓶となっています。
 また、豊かな水を利用した取り組みとして月山自然水や地ビールの製造販売、月山湖では日本一の高さを誇る噴水の打ち上げなどを行っています。  
 その他にも月山湖はカヌー競技場としても利用され、本町からは毎年、全国トップレベルの選手を輩出しています。そして2020年のオリンピックに向けて、この度、東欧のモルドバ共和国のホストタウンとなり事前合宿の受け入れを行うことになりました。
 このように西川町では水を活かし、水にこだわったまちづくりを行ってきました。そして、美しい自然環境と豊かな水資源を未来に引き継いでいくことの大切さを確認する機会として、毎年、水源を守る町民大会を開催しており、今年度も7月1日に町民やダム関係者など約400名が参加し、月山湖周辺の環境保全活動を行いました。
 豪雨や地震などの災害では人間にとって大きな脅威となる自然ですが、一方では大きな恵みを与えてくれるのも自然です。
 たくさんの自然の恵みに感謝しながらも、いざという時への備えを忘れず、うまく共存することが西川町らしいまちづくりにもつながっていくのだと考えています。

水源を守る町民大会

作業の様子